1. TOP
  2. 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

家庭用脱毛器
この記事は約 5 分で読めます。 11 Views

これからの季節、女性たちはお肌を露出する機会が増えてきます。
そのため腕や足などのムダ毛の処理を徹底しなくてはなりません。

また夏は海やプールで遊ぶ人も多く、当然水着を着る女性も多いと思います。
そうなると、腕や足だけでなく、アンダーヘアの処理にも気を使う必要があるのです。
そのため、本格的な夏になる前に脱毛サロンやクリニックなどで脱毛を考える人も少なくないでしょう。

恥ずかしい部位も誰にも知られず脱毛できるのがメリット

しかしアンダーヘアなどのデリケートで恥ずかしい箇所を脱毛するとなると、少し躊躇してしまう女性もいるはずです。
そしてプロの手を借りるとなると、どのくらいの料金がかかるか心配になる人もいるでしょう。
そういった理由から、どうしても脱毛サロンやクリニックに行くことに抵抗を覚える女性も存在します。

そんな女性におすすめなのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器を使えば、お店に行くことなく自分自身で好きな箇所を脱毛することができます。

家庭用と聞くと、性能に不安を感じる人も少なからずいるのではないでしょうか。ですが最近の家庭用脱毛器の性能は、以前のものと比べてみると、大きく進化してきています。
家庭用といっても、脱毛サロンで使用している機器に負けないぐらいのレベルになってきています。いろんなメーカーから、数々の脱毛器が発売されており、その人気も高まっています。
脱毛サロンで使われているフラッシュ脱毛と同じように、光を照射して脱毛をおこなう脱毛器が人気です。
照射面積の範囲の広さやショット数なども格段に上がっており、とても家庭用とは言えないぐらいの脱毛器も存在します。
脱毛器としての十分な性能を持っていますので、わざわざ脱毛サロンなどに通わなくても満足な仕上がりになるはずです。

コスパに優れる脱毛器

また家庭用脱毛器なら、コスト面が経済的なのも嬉しいメリットです。
デリケートなアンダーヘアも、専用のものを使えば安全に脱毛することが可能です。
もちろん、アンダーヘアだけでなく、全身の脱毛をおこなうこともできるでしょう。このように家庭用脱毛器は、日々進化を遂げており、魅力溢れる製品が増えてきているのです。
また使い方も簡単なので、初めての人でも簡単に使用することができるのも大きなポイントです。
そんな家庭用脱毛器を選ぶときの注意点は、脱毛効果が高くて痛みの少ない製品を選ぶことではないでしょうか。

メーカーによって、脱毛効果や使用中の痛みに差がありますので、事前に注意する必要があります。
購入前に口コミで評判を調べておくと、製品選びに失敗することはないでしょう。

ちょっとしたときに気軽に脱毛

薄着の季節になると気になるのが手足などのムダ毛です。脱毛方法はいくつかあり、きちんと脱毛を望む場合にはクリニックやエステに通うことによってきれいにしてもらえ永久脱毛も望めますが、費用の問題が気になるところです。
費用があまりかからず自分でもできるものとしては、脱毛クリームやワックスを使う方法、カミソリで剃る方法、また家庭用脱毛器を使う方法があります。しかし脱毛ワックスやクリーム、カミソリなどは脱毛というより除毛をするだけで一週間もたてばまた生えてくるので、繰り返し行う必要があります。

家庭用脱毛器の場合はどうでしょうか。費用面では購入をする時にかかりますが、高くても数万円というところです。あとはいくら使用してもかかるのは少々の電気代くらいで済みます。しかし効果の方はどうなのでしょうか。
エステやクリニックでの脱毛は光を照射し、毛母細胞にダメージを与え毛が生えてこないようにするのです。
しかし毛にはそれぞれサイクルがあり、施術を受けたときに生えている毛もあれば休止期に入っている毛母細胞もあります。光は黒い毛に対してだけ反応を示すので、休止期の毛母細胞には効果がないので、また時期を変えて施術をしてもらうということを何回か繰り返してすべての毛母細胞にダメージを与え終わるまで通うという仕組みになっています。

光のレベルが強いほど毛母細胞に対するダメージも大きく確実に効果が得られます。その光のレベルは医師によって施術が行われるクリニックが一番強く、医療行為を行うことができないエステではあまり強い光を当てることができません。強い光を当てると永久脱毛の確率が高くなる分、肌にダメージを与える確率も高くなるからです。

そしてさらに研修を受けたエステシャンでもない個人が施術をする家庭用脱毛器は、エステよりも弱い光を照射する仕組みになっています。また一回に照射する範囲が狭いので、何度も場所を変えて施術をする必要があります。そして光を照射するときには多少の痛みを伴うものですが、家庭用脱毛器の場合も痛みを伴うものでした。

それなりに効果が高い

しかし最近の家庭用脱毛器は、一回の照射範囲が以前のものより広くなり、光の強さも以前の3倍くらいになったり、痛みも以前より少なくなるように工夫されたものが開発販売されています。
そのような家庭用脱毛器を使うと、もうエステやクリニックに通わなくても好きな時間に自分で施術をすることができます。出力の強さは何段階かになっていて選ぶことができるのですが、効果が高いからと肌が弱い人が強い出力で行うと肌を傷めることになるので、それはきちんと考慮したうえで正しく使用すれば永久脱毛とまではいかなくても快適に利用することができるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

rena811

この人が書いた記事  記事一覧

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • カミソリやシェーバーで剃り損ねた毛は脱毛器でスッキリ

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

関連記事

  • ひざ下脱毛が自宅で簡単にできる脱毛器ケノンの実力

  • 家庭用脱毛器を使用する場合の注意

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • ケノンで脇脱毛やるのはコスパは高い?

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

  • ケノンは全身脱毛できる?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。