1. TOP
  2. デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

家庭用脱毛器
この記事は約 3 分で読めます。 9 Views

デリケートな部分で見られたくないアンダーヘアのムダ毛。この部分の脱毛は、エステやクリニックで脱毛してもらうには少し勇気がいりますね。どうせならケノンで自己処理ができたら恥ずかしい思いもしなくてすみますね。ケノンでアンダーヘアを脱毛することはできるのでしょうか?

アンダーヘアはどうやって脱毛するのか

まず、アンダーヘアには、V・I・Oと3箇所に分かているため、残したい部分となくなって欲しい部分を区別します。デリケートな部分に関して、脱毛となると難しい問題ですが、基本は下着や水着からムダ毛がはみ出ないことです。そして毛質を全体的に細く変えたいと考えている場合、数回全体をレベル5前後で照射する方法もあります。大体の形などのイメージを考えそれから実行したほうが失敗なく脱毛をすることができます。

V・I・O脱毛の基本は毛を剃ることから

アンダーヘアは毛の量や質は個人差で変わってきますが、太く縮れている場合が多く、最初からカミソリで剃るのには大変です。そのため、はさみで大体をカットし、それからカミソリで剃ると簡単に剃ることができます。Vラインは見えやすいため簡単ですが、I・Oラインは見えにくく慣れるまで大変かもしれません。傷がつかないように細心の注意が必要です。

保冷剤で冷やしましょう

照射前後にあらかじめ脱毛する箇所を冷やす必要があります。痛みが軽減され皮膚を守る効果があります。方法は小さめの保冷剤が付属されていますが、自宅にあるものでも対応可能です。

最初はレベル5~7がおすすめ

まずはVラインです。タオルなどで覆い、ずらしながら照射する方法か下着を履いたまま少しづらして照射する方法が便利です。立ったままでは、やりづらいためイスや床に座って照射するとやりやすいです。デリケートな部分のため、レベルを低めにし、試しましょう。最初はレベル5にあわせ、Vラインにあてて連続ショットを試し、平気と判断したらレベル7に合わせてみましょう。

Iラインの照射方法

Iラインはデリケートゾーンで脱毛の最も難しい部分です。気をつけることは皮膚のみに照射することです。粘膜の部分に光があたらないようにタオルで粘膜部分を隠し、ギリギリの部分をショットしましょう。

よく見えるように置き鏡があると便利です。まずはよく冷やし、足を開くとやりやすいポーズです。IラインはVラインよりも皮膚がデリケートですので、Vラインで行ったショットよりも1~2レベル下げて行い、様子をみましょう。この部分は手動で行うことをおすすめします。

Oラインの照射

お尻の穴が痛くならないように、テーピングなどで丸く切り、穴の部分に貼って照射しましょう。レベルは3あたりから様子を見て行いましょう。

この方法を1サイクルで何度か試していくうちにしだいに薄くなっていきます。デリケートな部分だからこそ、注意点を頭に入れ、ケノンで気軽に脱毛するのが便利でおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

rena811

この人が書いた記事  記事一覧

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • カミソリやシェーバーで剃り損ねた毛は脱毛器でスッキリ

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

関連記事

  • ケノンとトリアどっちがいい?脱毛を比較してみた!

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • ケノンは全身脱毛できる?

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • ひざ下脱毛が自宅で簡単にできる脱毛器ケノンの実力

  • 家庭用レーザー脱毛器のトリアってスゴイの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。