1. TOP
  2. 家庭用レーザー脱毛器のトリアってスゴイの?

家庭用レーザー脱毛器のトリアってスゴイの?

家庭用脱毛器
この記事は約 3 分で読めます。 112 Views

人気の家庭用脱毛器トリア、レーザー脱毛器で家庭でも簡単に使えると人気の脱毛器です。
レーザー脱毛ができるので他の脱毛器とはちょっと違ってそれなりのパワーがあるのが特徴ですね。

そんなパワーも含めて今回そのトリアの特徴について述べていきます。

自宅で気軽にレーザー脱毛ができるトリア

脱毛をしたいけど忙しくて脱毛サロンには通えないという人に注目なのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器と言えば、家でも気軽にセルフトリートメントが可能です。脱毛サロンに通えば時間だけでなくお金もかかりますが、家庭用脱毛器は手の届かない値段ではありません。10万円以内で購入できます。

とりわけトリアはレーザー式の脱毛器で、たくさんのメリットが有るため人気の的となっています。
例えばトリアはフラッシュ式脱毛に比べてエネルギーチャージをする必要がありません。
照射間隔が短くどんどん照射を進めていけます。
しかも、トリアの照射回数に制限はありません。消耗品の追加購入もないのが特徴です。本体の価格も6万円以内で購入できます。

照射レベル5段階あり、4か5を選択すると効果は大きいです。
ただし、そのぶん痛みも強くなります。照射レベル3でも半年ぐらい続ければ十分な効果がでるので無理せず適度なレベルで使用すればよいでしょう。
痛いと言っても肌を悪くするわけではありません。
トリアは毛が持つ黒いメラニン色素を狙って照射されるので、肌への影響は最小限に抑えられます。

フラッシュ式と違って光らないのでサングラスが不要で、レーザーも最後に拡散してしまうので目を痛める心配がありません。
いっぽうでデメリットもあって、内臓バッテリーは約500回の使用で交換するのが目安となっています。つまり消耗品があるということです。もちろんこれだけなので大したことはないように思えますが価格が約2万円するので安く済むわけではありません。

トリアのデメリット

次に、トリアの照射面積は直径8mmと範囲が狭くなっています。つまり、細かい部分にピンポイントで照射できる反面、広い場所では何度も繰り返し照射する必要があります。手間がかかる上にそれだけバッテリーの消耗も激しいということになります。

また、ハンディタイプにもかかわらず、約600gの重さがあるため、何度も照射を繰り返しているうちに腕が疲れてしまいます。
他には充電中は使用できない、効果は高いが痛みも強いなどが挙げられます。痛みに関しては使用後すぐに氷や保冷剤などで冷やせば軽減できます。

デメリットを書き連ねましたが、他の脱毛器にも色々とメリット・デメリットは有ります。この商品は登場から10年間、ロングセラーを続けている有名な商品だけあって高い脱毛効果があるといわれています。
幸いなことに、トリアは30日間の返金保証があります。ですから返品覚悟で購入してみてもいいのではないでしょうか。か

\ SNSでシェアしよう! /

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

rena811

この人が書いた記事  記事一覧

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • カミソリやシェーバーで剃り損ねた毛は脱毛器でスッキリ

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

関連記事

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • ひざ下脱毛が自宅で簡単にできる脱毛器ケノンの実力

  • ケノンは全身脱毛できる?

  • アンダーヘアは脱毛サロンと家庭用脱毛器どちらがおすすめ?

  • 家庭用脱毛器を使用する場合の注意

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。