1. TOP
  2. ひざ下脱毛が自宅で簡単にできる脱毛器ケノンの実力

ひざ下脱毛が自宅で簡単にできる脱毛器ケノンの実力

 2017/10/14 ひざ下脱毛 家庭用脱毛器
この記事は約 5 分で読めます。 176 Views

ひざ下脱毛でおすすめの家庭用脱毛器ケノン

ひざ下が目立つと困るのがショートパンツやスカートを履いたときですね。素足にサンダルは涼しげでファッションに取り組みやすいため、そうなると目立ってしまうひざ下のムダ毛は処理方法に悩む方も多いでしょう。毎回カミソリで剃っていると、皮膚が刺激され、ひざ下が徐々に濃くなる可能性があります。脱毛サロンでひざ下を処理するとなると金額もはりますし、そうなると全身自分で脱毛できる家庭用脱毛器ケノンが便利になってきます。

ケノンが人気の理由

ケノンは日本製の家庭用脱毛器です。なのに電気屋さんで売っているのは見たことがありませんね。それもそのはず。ケノンはインターネットの通信販売でしか購入できません。そのため、口コミも拡散し多くの利用者の感想が一目で分かるようになっています。口コミをみてみると女性だけではなく、男性も利用していることが分かります。男性でもひざ下が濃すぎると気になっている方も多く、ケノンをひざ下全体に照射して生えるスピードを遅くしたり、毛の質を薄くするなど、いろいろな使い方を試されているようです。そうなると家族みんなで気になる部分を脱毛すこともカップル同士でケノンを交換して脱毛なんてこともできますね。だからケノンが人気を呼んでいるのです。

すぐに脱毛効果が表れるの?

ひざ下の濃さにもよりますが、1回照射をしたからと言ってすぐに効果が表れるわけではありません。平均的にいくと、2週間に1度の割合でひざ下を脱毛すると、6ヶ月のあたりからかなりのひざ下が目立たなくなってきます。女性でひざ下が薄い方の場合だと、もっと早く効果を発揮する方もいらっしゃいます。特にひざ下はほかの部位に比べ、脱毛の効果が表れやすい部位です。そのため続ければ続けるほどツルツルになりうれしい効果が表れます。

予約をイチイチとるのが面倒、仕事などで忙しく、通う手間が大変となると脱毛期間がどんどん延長されます。そうなると、ケノンでシャキシャキと毎回定期的に照射ができるケノンがやっぱり便利ですね。

ひざ下の脱毛の注意点

ひざ下の脱毛をケノンで脱毛する場合、光脱毛になりますので、黒い部分に光線が反応することになります。もし、日焼けで脱毛したい部分が全体に黒くなっていると施術がうまくいかないこともあります。そうならないために脱毛前は日焼けをしないようしましょう。

脱毛をした後、赤く皮膚が変化した場合、赤くなっている間は日焼けをしないようにするのも大切です。シミになる可能性がありますので気をつけましょう。紫外線を浴びやすい、スネの脱毛は夏以外にするといいかもしれませんね。

ケノンは永久脱毛なの?

女性に大人気の家庭用脱毛器、ケノン。
やっぱり家庭用脱毛器といえばエステと比較されることが多いですよね。エステでは@永久脱毛」を宣伝にしているところが多く、脱毛で苦労している女の子は、やはり気になってしまいますよね。ですが、実は永久脱毛と言うのは、家庭用脱毛器ではもちろん、エステでも出来ないことです。永久的に毛が生えてこなくなるいわゆる永久脱毛は、医療行為となるため、医療機関でしか行えません。ですので、そういった意味合いで言えば、ケノンでは永久脱毛は出来ません。

ですが、脱毛エステなどでよく言っている、一年以上ほとんどの毛が生えてこなくなる状況であれば、ケノンでもそういった状態にすることが出来ます。
そもそもケノンで用いられている光脱毛というシステムは、脱毛エステで行われている脱毛の仕組みと同じものです。光を毛穴に照射することで、毛の根っこにダメージを与えて生えにくくするという、同じ仕組です。ではどこが違うのかといえば、照射する際の光の強さです。その違いによって、エステサロンでは少ない回数で効果を実感することが出来ます。

ケノンは、自宅で気軽に出来る分、エステサロンよりも回数が多くなってしまいます。しかし、気軽さが段違いですし、コストの面でも大幅に異なってきます。エステサロンでは、脇がいくら、脚がいくら、といったシステムになっているので予算をオーバーしてしまうと他の部分はカミソリなどでの処理になってしまいます。例えば、せっかく脇が綺麗になって自信を持てるようになったのに、脚はカミソリ負けでボロボロ、などといったことも有ります。

ですので、やはり自宅で気軽に出来て気になる部分を全部処理できるケノンの方がコスト面でのメリットがとても大きいですね。
しかも、カートリッジを交換することで家族と共有することも可能で、衛生的です。一人で使うなら本体価格の負担が大きくても、例えば姉妹で半分ずつ出し合って使う、などといった買い方であれば、とても費用負担が軽くすみます。
ケノンは1ショットあたりのコストが約0.02円で、その1ショットあたりの範囲も大きいので、ランニングコストもあまりかからずに、ずっと使うことが出来ます。
ケノンでは完全に「永久に」脱毛することは出来ませんが、一年に一度照射するくらいでも大丈夫なくらいにできるので、とても楽に脱毛が出来るので、むだ毛に悩んだりむだ毛処理が面倒な方にもおすすめです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

rena811

この人が書いた記事  記事一覧

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • カミソリやシェーバーで剃り損ねた毛は脱毛器でスッキリ

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

関連記事

  • 家庭用脱毛器でひざ下はきれいにできる?

  • 家庭用レーザー脱毛器のトリアってスゴイの?

  • 家庭用脱毛器を使用する場合の注意

  • 人気のひざ下脱毛やってみない?ここまで変わるよ!

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

  • ケノンとトリアどっちがいい?脱毛を比較してみた!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。