1. TOP
  2. ひざ下は事故処理はNG?みんなエステでやるべき理由とは?

ひざ下は事故処理はNG?みんなエステでやるべき理由とは?

 2017/10/14 ひざ下脱毛
この記事は約 6 分で読めます。 562 Views

ひざ下の自己処理について教えてください、ひざ下をキレイにしたいのですが
ひざ下の毛は 剃るか、除毛クリームを使うか脱毛サロンなどに通うかどれが一番いいでしょうか?

ひざ下の脱毛を自分で行う場合は剃るか除毛クリームを使うかという方法もありますが、これらの方法を行うことで肌を傷めてしまう可能性もあるのです。
自己処理による肌トラブルはワキの部分でかなり悩んでいる方も多いのですが、同じくらいひざ下でも悩まれる方は増えています。

ストッキングやタイツなどで隠せる場合もありますが、夏などは生足になる機会も多いのでなかなか難しいでしょう。
自分では気が付かないうちに肌が徐々に黒ずんでいることもありますし、ひざに近い部分は剃ることも難しいのでケガをしてしまう恐れもあります。
除毛クリームでも体の調子が良くない時はかぶれなど炎症を起こしてしまう場合もあるので、使い続けるのはあまりよくありません。
肌にかかるリスクを考えるとひざ下をキレイにするならば脱毛サロンなどに通い脱毛してもらうのが一番良い方法ですね。

自分で家でひざ下を脱毛

ひざ下は自己処理の方がカンタン?
ひざ下の脱毛を行う場合、脱毛サロンに通うのが面倒だという方も多いようです。
ですが脱毛サロンの場合、脱毛が完了してしまえばその後ずっと通わなくてはならないということはありません。

また脱毛サロンで脱毛中は自己処理は控えなくてはならないため、自分でお手入れする必要はあまりありません。

どちらかというと自己処理でのお手入れの方が毎日行わなくてはならないので、トータルでかかる時間は自己処理の方が長くなってしまいます。
毎日処理しなくてはならないことを考えると、脱毛サロンでしっかり脱毛してもらう方が時間的には短く済みます。
面倒でも後のことやお肌のことも考えて、脱毛サロンでの脱毛を検討してみましょう。

・キレイなひざ下は自己処理では手に入らない

自己処理による肌のトラブルはかなり多く、カミソリなどでのケガや除毛剤などでの炎症は避けては通ることはできません。
またひざ下を今後もずっときれいに保ちたいと考えているのであれば自己処理を止めなくてはなりません。
自己処理の後に十分なケアを行っている場合でも、肌トラブルのリスクは避けられないでしょう。

ブラジリアンワックスも一時はやりましたがやはり肌をかなり痛めてしまいます。

常に肌にはカミソリや除毛剤で負担がかかる状態なので、ケアが手厚くても肌は傷んだ状態が続いてしまうのです。
また毎日行う自己処理によってどんどん肌への負担は蓄積されてしまいます。
肌が黒ずんでしまえば元に戻るまで時間もかかりますし、戻らないままシミになってしまう可能性もあります。
キレイなひざ下を目指すのであれば、自己処理を止めて脱毛サロンで脱毛するように変えていきましょう。

エステやクリニックでひざ下をきれいに脱毛

エステやクリニックでの脱毛方法にも種類があり、それによって受ける場所も変わってきます。

クリニックとエステではレーザー脱毛と光脱毛の違いがあり、料金や痛みの度合いなども方法が違えば変わってくるでしょう。
また永久脱毛を希望するならクリニックでレーザー脱毛を受けなければなりません。
光脱毛では永久脱毛は出来ませんので注意しましょう。

どちらが良いかという目安としては料金が安く手軽にできるエステでの光脱毛の方が人気があります。
ただしっかりと脱毛したいという方はクリニックでレーザー脱毛を受けています。

どちらにしても脱毛は可能ですが期間や回数など細かな違いと永久脱毛という大きな違いがあります。
ひざ下脱毛は特に範囲も広いので料金なども考慮しつつ自分にとってどの方法が良いかじっくり検討して決めましょう。

・クリニックとエステの脱毛の違い

クリニックでの脱毛は医療レーザーを使用した永久脱毛となり、エステでの脱毛は光脱毛という方法で永久脱毛ではありません。
大手ではニードル脱毛という方法で永久脱毛を行っているエステもあります。
クリニックとエステの違いはこの脱毛方法の違いにあり脱毛方法によっては料金に違いが出てきます。

またひざ下などの範囲が広い部位の場合は脱毛期間にも影響してきます。
レーザーやニードルの場合一回の処理時間が長くなる場合もあります。
痛みの度合いも大きく違いニードルやレーザーに比べて光脱毛だと痛みも軽くなります。
どちらにするか迷う方も多いですが、永久脱毛とそうでない場合と料金などを併せて比較すると選びやすくなるでしょう。
どちらでも脱毛の効果はあるので、まずは時間や財布などで考えても良いでしょうね。

・レーザー脱毛とニードル脱毛と光脱毛の違い

脱毛方法にはいろいろな種類がありますが、
どの方法がどのような効果を実感できるのか知っておいた方が脱毛を選ぶときに参考になります。
まずレーザー脱毛はクリニックや皮膚科などでしか受けられません。
そして永久脱毛になります。
なので一度受ければその部分の生えている毛は抜け落ち生えてくることもないでしょう。
ただ照射範囲が狭いので処理時間が少しかかりますし痛みも強いのが特徴です。
比較的料金も高いので、続けられるかどうかも考慮しておいたほうが良いですね。

永久脱毛は効果は高いが時間がかかる

また同じく永久脱毛の部類に入るのがニードル脱毛で、この方法は大手エステサロンで受けることができます。
クリニックでも行っている場合がありますが、あまり浸透されていないため最近では受けられる場所もさほど多くはありません。
ニードルは針を毛穴に入れ毛根に電流を流し作用する方法ですが痛みが強く、単価も高い為あまり人気がありません。
そしてサロンでは定番になった光脱毛ですが、この方法の場合永久脱毛ではないので効果に関しては個人差などもあるようです。

ただし永久脱毛は時間がかかるので範囲の広いひざ下は脱毛完了までに年単位でかかることを覚悟しておく必要があります。

受けたからと言って必ずきれいになるとは言い切れませんが、ひざ下のような広範囲の場合は光脱毛のような照射範囲が広い処理だと時間も短く済みます。
また料金もかなり安くなっており10回程度でも5万円以下で受けられる場合があります。
そして痛みがほとんど感じられないのも特徴なので比較的通いやすく人気でもあります。
全く脱毛できないということはない為、この方法でも十分でしょう。
しっかり違いを把握して自分に合った脱毛方法を選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

脱毛カフェ 脱毛する前に知っておきたい雑談の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

rena811

この人が書いた記事  記事一覧

  • 家庭用脱毛器は使えない?使い方が間違ってる?

  • カミソリやシェーバーで剃り損ねた毛は脱毛器でスッキリ

  • 脱毛器はあくまで家の除毛の補助がおススメ?

  • デリケートゾーンを脱毛器でする場合の手順

関連記事

  • カミソリやシェーバーで剃り損ねた毛は脱毛器でスッキリ

  • 人気のひざ下脱毛やってみない?ここまで変わるよ!

  • 家庭用脱毛器でひざ下はきれいにできる?

  • ひざ下脱毛が自宅で簡単にできる脱毛器ケノンの実力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。